【台北駅 観光】国立台湾博物館 鉄道部がオープン!

国立台湾博物館 鉄道部

【 台湾 博物館 / 国立台湾博物館 鉄道部 / 台北 観光 / 大同区

半年振りに台湾戻ったら完成してた

ずっと工事中だった台北駅西側のエリアが博物館としてオープンしてます。なかなかお金かかってます🤣
台北駅は時代と共に少しずつ駅舎も移動し、地下に広がったので元々車庫だったエリアなどがあいてるし古い建造物も残ってたんですよね。北門の向かいあたりのエリアです。

有料だけどたった100元(360円くらい)

チケットもかわいい。この辺のセンスは本当に台湾は上手。

建物が本当に素敵なんです。

私はこの日本時代の建物がとても好きです。日本にはあんまり残ってない気がする。台湾の風景ととてもマッチしてると思うんですよねー。

中庭もいい感じです。

天気が(珍しく)良いと日本にはない色彩になります。植物のせいだろなー。

展示物がマニアック!

1展示室のテーマがマニアックすぎて面白い。切符の印刷工程とか、線路とか、駅の推移とか、トンネルの名前というか文字がすごいという話とか、踏切とかね笑。
休憩室の椅子が昔の列車の椅子で、おじさん達が嬉しそうに座ってました。

そして、動く模型がすごい

1970から1980年頃の台北駅の模型がデカくてすごい。おじいさんが孫にめっちゃ説明してて、その興奮度が微笑ましかった。いいことだ。所定の時間に複数のテーマで模型が動くんです。私は台北駅の一日みたいなやつで。最初、ただ列車が走るだけで、地味?!と思ったけど、だんだん暗くなってライトアップされるんです。これがとても幻想的!動画撮ってて写真がなくて残念笑

今の三越のとこにあった台湾鉄道旅館

このホテルがめちゃかっこいい。残して欲しかったけどなぁ。一等地だから仕方ないけど。泊まってみたかったな。東京ステーションホテルみたいに復活しないかなー。

国立台湾博物館 鉄道部

住所:台北市大同區延平北路一段2號

👉 鐵道部パーク

 

 

関連記事

  1. 台北のヴィンテージ屋さんが面白い

    【台北 古着屋】30年前の日本の物が売られている台北のヴィンテージ屋さん

  2. 台湾 ビール

    【 台湾 ビール 工場見学 】台北クラフトビール 試飲もOK!

  3. 【豆漿 台北】台北 中山の 四海豆漿大王 で朝ごはん

  4. 台湾中部・苗栗県の南庄老街を歩く

  5. 戲台茶館

    【台湾 カルチャー】コンテンポラリーダンス集団「 雲門舞集 」の舞台

  6. 天母

    台北 高級住宅街の「天母」をぶらぶら散歩!週末には 天母生活市集 フリーマーケットも

Sponsored

台湾オプショナルツアーなら

サイト内検索

PR

PR

Booking.com

Recommend

台湾ホテル検索

Booking.com