【MRT淡水線】北投から淡水までの各駅グルメ旅

MRT 淡水線

MRT 淡水線 / 復興崗駅 胖老闆 -> 忠義駅 -> 關渡駅 -> 竹圍駅 -> 紅樹林駅 紅樹林生態歩道 -> 淡海LRT 】

1. 台湾でロコモコ丼?! 隠れた名店で日本の食堂ごはん~復興崗駅

台北市民の手ごろな行楽地として人気が高い淡水。多くの人がMRT淡水線に乗って淡水へ行きます。でも、みなさんは途中駅で降りたことはありますか?特に温泉で有名な北投から淡水の間は、有名な駅も少なく、ほとんど素通りされています。実は、これらの駅の近くにも隠れた見どころがあります。ローカル食堂、日本風居酒屋、廟、屋台街、熱帯を感じさせる自然公園。多彩な顔を持つ各駅の横顔を一駅ずつ紹介しますね。

まずは北投の次、復興崗から。この駅は、MRTの車庫がすぐ近くにあり、駅の裏側はとても広々としているのですが、駅前はあまり賑わっておらず、普段は静かな街です。そんな駅前通りに、小さな日本料理の食堂があります。ここには、台湾のローカルエリアではかなり珍しいロコモコ丼が食べられます。日本ではおしゃれなイメージがありますが、ここではたったの170元で食べられる、庶民的な料理です。他にも、からあげ丼などがありますが、どれも納得のいくおいしさでしかもリーズナブル。ピーク時は満席になることもあるので、余裕を持ってお越しください。

胖老闆

住所:台北市北投區中央北路三段18號
営業時間:11:30~14:00 17:30~20:30(土曜定休)

2. おいしくてリーズナブルな居酒屋が駅前にある~忠義駅

隣の忠義駅も、駅前はいつも静かで、飲食店もあまりなさそうです。ところが、ここでも最近、お勧めできるお店を見つけました。それが、居酒屋「燒酒狸居食屋」です。忠義駅から徒歩3秒。駅前通りは一本道なのですぐに見つけることができます。台北中心部には日本式の居酒屋もたくさんあるのですが、台北郊外になるとまだまだ探しづらいのが現状です。こじんまりとしたお店ののれんをくぐると、そこはもう日本。まるで日本のどこかの街の居酒屋にふらりと入った気分になります。

刺身丼に感激!

今回頂いたのは、刺身丼定食。お刺身がたっぷり入ったどんぶりに、味噌汁、小鉢2つ、そして茶わん蒸し。これだけ頂いて350元、しかもどれもとてもおいしかったです。台湾ではかなり良心的な価格だと思います。台北の中心部なら同じものを出したら500元以上になるでしょう。お酒も、生ビールやサワー、日本酒など各種用意されていて、気楽に立ち寄ってほしいお店です。一つだけ注意したいのは、閉店時間が夜9時半と少し早いこと。繁華街に立地するお店ではないのでこれは仕方ないですね。興味がある方は、少し早めの時間にお越しください。

燒酒狸居食屋

住所:台北市北投區中央北路四段362號
営業時間:11:00~14:30 17:30~21:30(月曜定休)

3. 眺めの良い有名な媽祖廟がある町~關渡駅

北投から淡水の間で一番有名な観光スポットは、關渡宮でしょう。創建はなんと1661年。300年以上の歴史を誇る、台湾北部最古の媽祖廟として知られています。MRT關渡駅から徒歩10分。参道のような雰囲気が残る道を歩いていくと、淡水河のほとりにかなり立派な廟が見えてきます。これが關渡宮です。

廟の内部はかなり広く、しかも豪華。金運や商売繁盛にもご利益があるとのことで、金運アップを求める人がたくさん訪れるそうです。政財界の要人も訪れることがあるとか。台北からはかなり離れた場所にありますが、いつも参拝客が絶えることはありません。

關渡宮は眺めが良いことでも有名

この廟のもう一つの魅力は、淡水河の風景を眺められること。廟のすぐ脇を淡水河が流れ、対岸の観音山と一体となった風景を楽しむことができます。ここから川沿いの遊歩道を歩いていくと20分くらいで次の竹圍駅にたどり着きます。關渡駅から關渡宮を通って、竹圍駅まで徒歩やU-BIKEでのんびり行くのも楽しいですよ。そして、關渡宮に来たら、周辺の茶店で売っている鹹蛋(塩漬けのアヒルの卵)も有名です。参拝後の栄養補給にどうぞ。

關渡宮

住所:台北市北投區知行路360號
開館時間:7:00~21:00(無休)

4. 住宅街の片隅にある屋台街が魅力~竹圍駅

關渡から小さなトンネルを抜けて竹圍に着くと、行政区域は台北市から新北市淡水区に変わります。この街は、駅前から伸びる通り・民族路沿いに住宅や飲食店が建ち並び、少しにぎやかな印象を与えます。そして、通り沿いには、昔懐かしい屋台街の風情を残す小さな飲食店が肩を寄せ合って営業しています。その中で、私が気に入っているのが台湾風牛肉ステーキの屋台「竹圍尚好牛排」です。

ボリュームたっぷり!安くてお腹いっぱいになれる台湾風牛肉ステーキ

台湾の牛肉ステーキはローカル食堂や屋台で食べられるものは価格がとてもリーズナブル。大きなステーキが150元から200元くらいで食べられます。この屋台のステーキも150元。これにパスタと目玉焼きがついて、さらにはスープと甘い紅茶が飲み放題。ステーキも結構おいしくて、十分満足できます。この一帯には、臭豆腐や廣東粥の屋台もあり、庶民的な料理をいろいろと食べられます。屋台街の周辺にも飲食店が多く、この街に住んでも食生活で飽きることはないでしょう。

竹圍尚好牛排

住所:新北市淡水區民族路60號の道端
営業時間:16:30~21:00(日曜のみ~20:30)

5. 駅前にマングローブ?! ~紅樹林駅

マングローブといえば、熱帯のジャングルにあるイメージが強いですよね。でも、台北郊外の紅樹林駅のすぐ前にも、小さなマングローブがあるんです。これが紅樹林です。実は中国語の「紅樹林」そのものが、マングローブという意味なんです。だから、この駅そのものが「マングローブ駅」と言っても良いですね。

マングローブに近い部分は立入禁止。車はバイクはもちろんのこと、歩行者も決められた遊歩道のみ通行できるため、予想以上にリアルなマングローブを見ることができます。この遊歩道は、全線にわたって自転車も通れるのですが、紅樹林駅付近の一部だけは、自転車の通行を禁止し、歩行者だけマングローブに近づけるルートがあります。自転車で手軽に楽しむか、徒歩でじっくりと楽しむか、お好みに合わせてどうぞ。

LRTのホームからの眺めも必見

今では、淡海LRTへの乗換駅として利用客が増加中の紅樹林。LRTのホームからは、眼下にマングローブを見下ろし、向こうには淡水河や観音山がきれいに見えます。LRTを利用するときは、紅樹林駅ホームからの眺めも楽しんでください。

紅樹林生態歩道

MRT紅樹林駅の裏手スグ
(24時間利用できます)

いかがでしたか?いつもは淡水に行くときに通り過ぎるだけの各駅にも魅力的な場所があります。お時間に余裕があるときは、ぜひどこかの駅に途中下車して、観光地とは違う普段着の台湾を楽しんでください。

 

関連記事

  1. 台東加路蘭海岸

    【台東市】卑南渓と加路藍海岸遊憩区で自然と原住民アートを堪能!

  2. 台湾 高雄

    【高雄 観光】レトロ建築を巡る散歩コース 〜高雄市立歴史博物館など

  3. 愛の台南

    台湾で一番古い町〜台南

  4. 袖珍博物館

    【 袖珍博物館 】台北中山にあるミニチュアアートの博物館

  5. 地址顯示

    台湾 住所 書き方を知っておくと迷わず楽になる!

  6. 「台北蓋水」第2回マンホールデザイン展

Sponsored

台湾オプショナルツアーなら

サイト内検索

PR

PR

Booking.com

Recommend

台湾ホテル検索

Booking.com