【花蓮 グルメ】鹹豬肉を食べられる食堂レストラン「多桑餐廳」を訪問!

多桑餐廳

台湾 花蓮 グルメ / 多桑餐廳 / 鹹豬肉 / 台湾 料理 / 台湾 旅行記

花蓮を初めて訪れてからちょうど1年。最近しみじみと懐かしく、また行きたいという気持ちが強くなる今日この頃です。

4月でしたが夜になる雨になる日が続き、東大門夜市で食事するのも難しかったため、最終日の夜は、一人でこの台湾料理のお店に繰り出してみました。

鹹豬肉 とは何か

花蓮滞在中に「鹹豬肉」という先住民の料理があって美味しいという話をどこかで読んで、これを食べられるお店を探していたのです。

豚バラの薬味漬け焼きということで、豚バラチャーシューみたいな感じらしく、写真を見るととても美味しそうだったのです。

てっきり外皮ぱりぱりの広東風チャーシューをイメージしていたんですよね、、、まったく違うものだったんですが。

それと後から調べてみると、先住民料理ではなく、客家料理だそうです。

夜市でも鹹豬肉が食べられるとのことでしたが、雨でなんとなく断念

レトロなお店の雰囲気

タクシーで多桑餐廳に到着してみると、なんか昭和な感じが満載です!

多桑餐廳

多桑餐廳

店内には一組のグループが食事をしていましたが、店外の席を陣取りました。

多桑餐廳

多桑餐廳

まずはビールで乾杯〜

多桑餐廳

 

さて、料理のメニューは?

一人旅の難しいところは、そんなにたくさんの種類が食べられないこと。そもそも私は飲んべえなので、夜は酒が中心で、食べ物はつまみだけでもいいくらいなもんですから(笑)

多桑餐廳

頼んだのは、もちろん鹹豬肉と、そして豬油拌飯(ラードご飯)、青菜とエビの炒め物。

あっ、頼みすぎましたね。

多桑餐廳

鹹豬肉

鹹豬肉がやってきて驚いたのは、な、な、なんと、、、、

脂身!!!私の苦手な脂身だけじゃないですか

鹹豬肉

このお酢をベースにしたような酸っぱい汁につけていただきます。

OMG、やっぱりダメだ。どうしよう、食べられない。

お店に申し訳なく、半分くらいは頑張っていただきました。

もちろん、青菜やエビを炒めたもの、ラードご飯は大変おいしくいただきましたよ!

多桑餐廳

残してしまって申し訳なかったですが、私にしてはナイストライ!ということにしておきましょう(笑)

お店のお母さんが最後に写真なども撮ってくれました。

日本のガイドブックにも掲載されたことがあるそうです。

ぜひ一人ではなく、グループで訪ねて、いろいろな料理にチャレンジしてみてください!

多桑餐廳 ロケーション

・Facebook:多桑懷舊小吃

・Yelp:多桑餐廳

住所:970花蓮縣花蓮市中美路2號【Googleマップ

 

 

 

 

関連記事

  1. 台北 カフェ

    【台北カフェ特集】4つの日本の面影を残すカフェを紹介します

  2. 新竹県 竹東

    【新竹県 竹東】客家の市場と歴史建築巡りの旅

  3. 台北 ジャズ

    【台北 ジャズ スポット】レストランスタイルで楽しめるライブハウス案内

  4. 歐雅閣義法餐廳

    【台湾 苗栗 レストラン】 美味しいビュッフェレストラン ~ 歐雅閣 義法 餐廳

  5. 阿真春捲

    【清明節 台湾】伝統的な台南グルメ「春捲」 ~ 寒食としての人気春巻き店

  6. 台湾のディープな 龍山寺 夜市 をご紹介!艋舺夜市と華西街観光夜市

Sponsored

台湾オプショナルツアーなら

サイト内検索

PR

PR

Booking.com

Recommend

台湾ホテル検索

Booking.com