【高雄 鳳山】日本海軍鳳山無線電信所だった「明徳訓練班」— 高雄穴場スポット

海軍鳳山無線電信所

【 明徳訓練班 / 海軍鳳山無線電信所 / 鳳山招待所 / 高雄 眷村 / 高雄 観光 / 鳳山

(日本語翻訳=Naomi)

厳粛で厳しい歴史

高雄鳳山区勝利路の「海軍明徳訓練班」は多くの人に知られていて、この「訓練班」と呼ばれる軍事基地に対しては厳粛で厳しい印象を持っている方もいらっしゃるでしょう。現在は軍の駐留はなく、一般公開されています。週末には芸術や文化公演が催されたりして多くの訪問者で賑わっており、かつてこの軍事基地であった重たく暗い歴史を想像するのは難しいと思います。

海軍鳳山無線電信所

戦争下で生まれた海軍鳳山無線電信所

「明徳訓練班」の前身である日本海軍無線電信所は、1917年(民国6年 / 大正6年)に施工を開始し、1919年(民国8年 / 大正8年)に完成・開業しました。主な任務として南洋諸島との通信を担っており、その規模は千葉船橋無線電信所、長崎佐世保海軍基地付近の針尾無線電信所と並んで当時日本の最も近代的な三大無線電信所の一つとされていました。また第二次世界大戦中は日本軍の中国、朝鮮半島、東南アジア、南洋諸島向けの重要な無線通信任務を遂行していました。

海軍鳳山無線電信所

第二次世界大戦後の明徳訓練班の変遷

第二次大戦終結後、日本海軍鳳山無線電信所は「 鳳山招待所 」に改名されました。名前は招待所ですが実際は中華民国海軍総司令部台湾工作隊が逮捕した軍事政治犯及び思想犯の拘束、取り調べを行う場所として使われていました。
民国51年(1962年)海軍訓練センターが発足。
民国65年(1976年)7月1日「海軍明徳訓練班」へと改組。
民国81年(1992年)3月16日海軍本部の管理下に。
民国90年(2001年)中華民国国軍の組織編制により廃解隊され、建物は使われない状態で放置されました。敷地南側のラジオ局は戦後も通信基地局(海軍鳳山基地発射台)として残され、海軍通信隊の分隊が駐屯していました。

海軍鳳山無線電信所

民国96年(2007年)頃、高雄県政府は高雄県眷村文化発展協会に維持管理を委託、近年一般公開されています。月曜・祝日を除き、毎日朝9時から午後5時まで利用できます。

参考資料:

https://zh.wikipedia.org/wiki/鳳山無線電信所
https://ja.wikipedia.org/wiki/佐世保針尾送信所
https://ja.wikipedia.org/wiki/海軍無線電信所船橋送信所

明徳訓練班 ( 海軍鳳山無線電信所 )

住所:830台湾高雄市鳳山区勝利路
電話:+88677021898
営業時間:09:00–17:00(月曜休園)


【関連記事】

 

関連記事

  1. 鳳山

    【高雄 鳳山】紅毛港保安堂 | 日本海軍を祀る廟

  2. 台湾の公共給水機

    【台湾 公共 給水機】冗談のコップ?!さすが台湾!!

  3. 【台湾 駄菓子】70年の歴史をもつ桃園の駄菓子屋「有信糖菓行」

  4. 虎尾

    【雲林県虎尾】隠れた歴史観光スポットを歩く

  5. 路 台湾 エクスプレス

    ドラマ『路~台湾エクスプレス~』から見る日本統治時代の歴史

  6. 台湾 高雄

    【高雄 観光】レトロ建築を巡る散歩コース 〜高雄市立歴史博物館など

Sponsored

台湾オプショナルツアーなら

サイト内検索

PR

PR

Booking.com

Recommend

台湾ホテル検索

Booking.com