【 台湾 屋台 探検 】高雄の三民市場で朝市を満喫してみよう!

三民街

台湾 屋台 / 台湾 市場 / 台湾 朝市 / 高雄 市場 / 高雄 朝市 / 高雄 おすすめ / 三民 市場 / 高雄観光 / 高雄地図

(日本語翻訳=あや、Kotaro)

ある都市を深く理解しようと思ったら、著名な観光名所を訪れるだけでなく、建物様式を観察してみたり、公共交通手段に乗ったり、現地の食物を食べてみることが大事ですね。でもさらに、その街の「市場」へ足を運んでみるのも、現地の生活を肌で感じる良い方法です。

市場の屋台ではさまざまなものが売られていて、街の人情や活気も感じ取れます。多くの声と音が響き、いろいろな色彩や匂いが混じり合い、毎日決まった時間に市場が開かれると、人々は動き出し、ときに休憩する。こうした多くの人たちの所作が重なり合うと、もはや有機的な集団創作、一種の環境芸術とさえ言えるのではないでしょうか。このような地元の市場は、大型スーパーマーケットとは全く異なるものです。しかし残念ながら、現代の都市では、どんどん失われていっています。

三民市場

台湾南部の都市、高雄市には、今でも多くの市場があります。

三民第一公有小売り市場(通称「 三民市場 」)は、その一つ。

三民区 は高雄市の行政地域の名称です。 三民市場は高雄の南西にあり、高雄駅から徒歩10〜15分ぐらいで行くことができます。この市場の歴史は日本統治時代から始まり、人口増加に伴う移転や改築などを経て、今は百余りの屋台があります。朝7時から午後2時までが「朝市」。

三民市場

三民街。 午後2時を過ぎると、朝市の屋台は終了しますが、この通りのおやつ、惣菜、飲み物、デザートなどのお店が夜まで営業しています。なかには長い歴史を持つお店もあります。通称「三民夜市」。

三民市場 にはいくつかの入口があります。

三民街通りから中段まで奥に向かっていくと、長いブロック上の市場に入ります。頭上にはアーケードがあるので、雨の心配もなく、暑い高雄でも涼しいです。また、自強路の路地からも三民市場に辿り着くことができます。このルートを使うと、多くのバイクを避けることができるのがメリット。

三民市場

伝統的な市場によくある「湿気がひどい」「汚い」などマイナスイメージがなく、きちんとした管理がなされ、照明は明るく、快適。多くの屋台オーナーも親切な笑顔で、経済部(日本の経済産業省に相当)から「ハッピー暮らし」賞を受賞したオーナーもいます!良い買い物の体験ができる、いい市場だと思います。

 

三民市場には野菜や果物ほか、美味しい「惣菜」がたくさんあります(熟食ともいう)。

私はたまに日本へ旅行するとき、スーツケースにいくつか折り畳み容器を入れて行きます。当地の市場や商店街でを惣菜を買って、近所の観光スポットへ行ったり民泊に持ち帰りして、ビールか日本酒と一緒に楽しむ!もちろん、有名なレストランで食事をするのも良いものですが、このような身近な食生活を体験することは特別な楽しみ方です。

惣菜の屋台は三民市場の隅にあり、探しやすいです。

 

まず介紹したいのは「 彩秀素食 」(彩秀菜食)。

素食」とは、台湾ではお肉入っていない野菜料理を指します。

「彩秀素食」は、多様な菜食を扱っています。炸物(揚げ物)では、炸芋頭丸(芋団子)、海菜丸(海草団子)、炸牛蒡(ゴボウ揚げ)、春卷(春巻き揚げ)など。涼拌菜(あいまぜレシピ)では、常備菜、米板條(きし麺に似た米の麺)で作った海苔野菜巻き、甜花豆泥(甘花豆ピューレ)などが揃っています。ほかにも、油飯(おこわ)、お粥の漬物(台灣人はお粥を朝食として食べる習慣があり、夜食のお粥専門店もあります) 、綜合羹(菜食とろみスープ)などがあります。

これらの食感たっぷりの惣菜を、お客さんは必要なだけを少しずつ買って行くことが出来ます。40年以上営業している店主の一家はいつも親切にお客様を対応し、買いたいだけの重さを測って会計してくれます。もし何か分からない食べ物があったら、オーナーに尋ねてみれば詳しく説明してくれます。店主が繁忙ではない時は、お客に試食させてくれることもありますよ!

三民市場

 

三民市場

野菜揚げ団子。全て揚げたてなので、熱々でいい香りがします。あっという間に完売してしまうので、隣には何人か店員がいて、揚げ物を補充します。

三民市場

海苔卷與素麵腸卷:米板條(きしめんに似た米の麺)で作った海苔野菜巻きと素麺腸巻(菜食のもち米の腸詰)。米板條は米から作られ、滑らかな食感、歯ごたえがあります。中には大豆製の豆腐皮と野菜が入っています。白いものは春巻きです。

三民市場

漬物。漬菜:イヌジャ漬けと菜心の梅漬け。

三民市場

豆棗(大豆からの食べ物、台湾ではよくお粥のおともとして食べます)。これも大豆から作ったもの。甘くて、食感がよく、歯ごたえがあります。お粥を食べる時よく見かける料理の一つです。

三民市場

オーナーの前に並ぶのは油飯(おこわ)。香菇(しいたけ)、花生(ピーナッツ)、肉燥(ここはお肉の代わりに豆腐皮を使います)、油葱などの食材を炒めてから、蒸したてのもち米を混ぜた料理。脂の香りとご飯の食感があります。台湾の家庭では自分で作る人もいます。料理の腕と工夫が必要な台湾伝統料理です。

 

彩秀素食の隣には「 孫家大腸 」があります。

大腸とは、豚の大腸のこと。何度もきれいに洗った大腸にもち米、ピーナッツを入れて、蒸ししてから一枚一枚に切り分け、醤油ソースや唐辛子ソースをつけて食べます。とても美味しくて、ご飯のおかずにもなります。

三民市場

 

三民市場

大腸を売っている女性店主は、かつてこのように言っていました。「できるだけ見た目や形がよくないのを選んだ方が美味しいよ」と。また、店主の婿殿にお願いすると、大腸を一枚一枚に切り分けてくれるので、その場で食べることができます。孫家大腸のピーナッツは形がとても大きくボリュームも多いので、満足すること間違いなしです。ピーナッツやしいたけを入れる皮も独自の美味しさです。

三民市場

 

三民市場

 

ここまで活気のある市場を歩き回って、のどが乾いたことでしょう。

孫家大腸の左側に沿って奥まで歩くと、仙草杏仁粉圓冰(仙草アーモンドタピオカ氷)や 檸檬愛玉冰(レモン愛玉氷)のお店があります。ちょっと座って休憩していきませんか?

仙草とは台湾でよく見られる薬草で治療効果があります。鍋で煮込んだ汁は真っ黒で、爽やかな香りがします。冷やして砂糖を入れて飲むと、最高の夏対策!体内の余分な熱を除いてくれます。吉利丁(ゼラチン)や寒天粉を加えると、仙草凍(仙草ゼリー)になるので、ほかのスイーツと一緒に食べるのにもぴったりです。

三民市場

 

愛玉籽 も植物の一種で、台湾中部2000メートルぐらいの中低海抜の山間の木や岩に成長し、位置は険しく採取が容易ではないとされています。愛玉籽を綺麗な水に入れて何回も手でこすり洗いすると、愛玉籽の膠質が水に溶け出て半透明のゼリーになります。レモン水と砂糖水を入れると、ぷるぷるで、甘酸っぱくて、とてもさっぱりしたゼリーになります。

仙草と愛玉のほか、アーモンドゼリーと黒砂糖ゼリーもあります。

 

この愛玉と仙草ゼリーの屋台は、「 」と呼ばれています。

三民市場

 

三民市場

これは仙草ゼリー。女店主にお願いして、杏仁凍(アーモンドゼリー)とタピオカを入れてもらっても、値段は同じ30元!

店主さんはとても明るいです。どんなに忙しくても、いつも親切にお客様に対応して

「今日は何を食べたいですか?氷を入れますか?レモンを入れる必要ありますか?」

販売される氷の具はすべて手作りで、きちんとした食材です。多くの常連客は、仙草、愛玉あるいはタピオカをたくさん買って帰ってから、自分で組み合わせて食べます。ここで一杯のゼリーを食して一息ついたら、身体も気分も爽快、リラックスした気分になれます。

市場の食べ歩きを終える前に、家に持ち帰るお土産を買うのを忘れないでくださいね!

 

彩秀素食を折り返してまっすぐ戻ると、乾燥肉専門店「 慶昌 」が見えるはず。

三民市場

三民市場

肉乾(肉の干物、ジャーキー)や肉鬆(でんぶ)は、どれも豚肉の加工品です。甘塩っぱい味付けで、おやつとしてもご飯にまぜて食べてもよく、お粥の付け合わせやトーストに乗せる具としても本当に美味しい。

慶昌の肉乾と肉鬆ならびに香腸は、防腐剤や甘味料は一切入っていないので、食べて喉が乾くこともなく、甘すぎません。

このお店の食品の品質の良さは、女店主の口うるさいほどの強いこだわりから来ています(笑)どうしてそんなことを知ってるかって? だって毎回彼女と話しをすると、誰もが彼女とハイタッチをしたくなるんですもの。

最近こんなことがありました。話していて日本の長崎カステラの話題になると、彼女はカステラの味を分析した結果をとうとうと語り、その表情は陶酔した様子!思わず彼女に抱きつきそうになりました(私もカステラの大ファンなのです)。笑

肉乾はすべて炙りたてのため、少し冷まさないと袋詰めにできません。多めの量を購入希望の際には、事前に電話をして注文しておきましょう!これも素敵なおつまみ(笑)。

 

三民市場

女主人の時間に余裕があるときは、お客さんに代わって香腸を焼くのを手伝ってくれる。隣に立っているだけで、よだれが出てきてしまう。

 

大きな市場の一部しか紹介できませんので、物足りないと感じると思います。なので自分の足で歩いてみて、時間をかけて探索してみてください。「早起的鳥兒有蟲吃」(早起きは三文の徳)という通り、早起きして市場に来て、賑やかな息吹を感じると、より多くの面白いものが見えてくるはずです。

市場は経済文化であり、一番現実的な社会の脈動でもあります。その中で感じ取れることは、心を込めて作られた食物そのものだけでなく、人と人との関係で最も貴重な相互性と交流です。

高雄に来られる機会があったら、ぜひ一度早起きをして、三民市場を探検してみてください!

三民市場

 

* 高雄三民市場

住所:高雄市中華三路285号

每月旧暦の17日は定休日

*アクセス

市バス「88」:三鳳中街下車、徒歩約2分。

市バス「0北/0南/33」:三民市場下車、徒歩約30秒。

* 彩秀素食:8:00-

電話:0919-639683

* 孫家大腸:8:30-

電話:0936-395097

* 泉。愛玉冰:

電話:07-2829707

* 慶昌肉乾:7:00-

電話:07-2513795

関連記事

  1. 宜蘭県の頭城老街を歴史散策

  2. 【台北 ステーキ】ホテルプロバーブズ台北の「TK Seafood&Steak」は絶品!

  3. 台東 鹿野

    【 台東 鹿野 】赤ウーロン茶 |お茶は心のリラックス。女子パワーたっぷりのお茶でいっぷく!

  4. 台北駅 観光

    【台北駅 観光】5つのレトロ建築を巡る旅

  5. 茶籽堂

    台湾お茶の実 ?! オーガニックの香り「茶籽堂(Chatzutang)」

  6. あの年、東京・南青山の大坊珈琲店にて

Sponsored

台湾オプショナルツアーなら

サイト内検索

PR

PR

Booking.com

Recommend

台湾ホテル検索

Booking.com